大阪の医学部予備校を選んで良かったこと

集中を切らさずに学習することができたのが良い結果を得ることができた秘訣

医学部予備校を選ぶ際に様々なところをチェックしました | 集中を切らさずに学習することができたのが良い結果を得ることができた秘訣 | 卒業生や実際に合格をした先輩からの様々な経験談を聞くことができた

しかしとにかく学習時間が長く、日曜日までも朝から講義などを行っていたので非常に集中を切らさずに学習することができたのが良い結果を得ることができた秘訣となっています。
私の場合には志望する学校の受験の内容に面接も含まれていたため、その旨を講師に相談したところ面接のトレーニングも十分に時間をとって行うことができました。
実際に面接を行っている学校はあまり多くは無いのですが、面接は最終的な審査を行うための重要な関門となっており、試験の点数が良くても面接で不合格にされてしまうことも多いと聞いていたので、このトレーニングは非常に効果的なものであったと感じています。
一生の試験でも非常に厳しい質問が出ましたが、すべてトレーニングで行った想定の範囲内だったので、落ち着いて回答をすることができました。
様々な大学の試験はすべて事前の準備が非常に重要になっています。
どれだけの準備をすることができるのが結果を左右するポイントとなると現在では感じていますが、当時はどの程度の準備をすれば良いのか正直言ってあまりよくわかっていませんでした。
しかし当時の講師は様々な受験生を見てきたこともあり、できるすべての準備をすることが重要だと言うことでわからないところは何度もしつこく反復して学習をさせられた上、講義中でも突然指名されて授業とは脈絡のない以前学習した内容を突然質問され、答えられないと再度その部分を学習をすることを求められると言う非常に厳しいものでしたが、これは実際の試験で非常に役に立っています。