大阪の医学部予備校を選んで良かったこと

卒業生や実際に合格をした先輩からの様々な経験談を聞くことができた

医学部予備校を選ぶ際に様々なところをチェックしました | 集中を切らさずに学習することができたのが良い結果を得ることができた秘訣 | 卒業生や実際に合格をした先輩からの様々な経験談を聞くことができた

実際の試験では複数の公式を利用して問題を解くものも非常に多く、この時に問題の内容を十分に理解していないと公式を利用することすら気づかないことも少なくありません。
そのため非常に難解な問題だと感じてしまいいたずらに時間が過ぎてしまうことが模擬試験では非常に多かったのですが、この講義中のトレーニングにより直感的に様々な公式を当てはめ問題をチェックする癖をつけることができたことで、同時に複数の公式を利用してとかなければいけない問題の場合でも、それらの公式の発見するスピードが非常に速くなったことがその成果であると感じています。
大阪の予備校が他の地域に比べて非常に競争が激しく、その分レベルが高いところが多いのが特徴です。
周辺の大学にも医学部を持っているところが多く、また医科大学も多いことからこの学部を志望する学生も非常に多い地域となっています。
そのため学校の中での競争も非常に激しく、お互いに切磋琢磨をして学習をすることができたので、これが良い結果につながった要因となっているのです。
他の地域の学校ではこの達成感を得ることができなかったと現代では考えていますし、非常に厳しい期間ではありましたが、様々な方面で効率を意識した学び方をすることができるようになった事は、受験を超えて習得することができたメリットでした。
これは大学生となった現在でも様々な面で非常に役に立つ方法であり、自分自身の吸収力を非常に高めることができる方法となっています。
さらに学習で疲れたときには様々な卒業生や実際に合格をした先輩からの様々な経験談を聞くことができたことも、学習を進める上で大きな励みになりました。
そのタイミングを数ヶ月に1度と非常に頻繁でしたが、学習の方向性を見失ってしまいそうなときには非常に良い刺激となったので、効果的な方法であったと感じています。

【梅田の予備校】武田塾大阪校より獣医学部への現役逆転合格! - 予備校なら武田塾 大阪校 https://t.co/AwrVXQ7BcE pic.twitter.com/DZPlt2eTpQ

— 【公式】武田塾 (@takeda_juku) 2019年4月15日